ラケットのメンテナンスしていますか?

こんにちは、

さすがに寒すぎるので長袖を着だした大森です(笑)

 

昨日、今日と寒すぎませんか??
テニスをしていたらいいのですが、止まっていたら風は強いし冷たいし、、
少し前まで金木犀のいい匂いがしていたと思ったら急にこの寒さ。。

さすがは冬を知らせる花、金木犀ですね。
もう冬ですね。。

 

夏から冬、変わるのは気候だけではありません。

そう、私たちのしているテニスでも変化が起きます。

まず1つ目は「ストリング(ガット)が寒さで硬くなる」ということですね
日ごろ使っているラケットのストリングも人間と同じですね
寒さで縮こまってしまいます。
そのため、夏場よりも少し硬く感じるようになります。

そして2つ目は「ボールが少し硬くなる」ということです
これも1つ目と同じようなことですね(笑)

しかし、この2つの事が変わることで、ボールが飛びにくくなってしまったり、
打感が変わったように感じたりしてしまいます。

そのため、夏場に張っていたテンションよりも、冬場は2~5ポンド低くした
テンションでストリングを張る選手は多いです。

夏からガットの張替えをしていないよって方は張り替えてみてはいかがですか?

 

自分も大会前というのもありセッティングを変えてみました(笑)

 

 

 

気になった方は是非大森に聞きに来てください!!

 

では、今回はこの辺で、
最後まで読んでくださりありがとうございます。
次回もまた見に来てくださいね!